転職活動時には熟考しておきたい志望動機

転職活動を行う際には、企業からの人材募集の要項に従って、履歴書や職務経歴書の提出などを行い、提出した書類が人事担当者による選考を通過すると、面接が実施されます。

履歴書に記載したり、また面接でよく質問されることのひとつが、志望動機です。

「どうしてその企業に入社したいのか?」という気持ちを表すものであるため、強い入社意思を表現する絶好の機会であるといえます。

そのためどんな内容を記載するかについては、よく考えた上で内容を決める必要があります。

なぜ自分がその企業に入社したいのかという熱意や、また入社後にどんな仕事に取り組みたいのかなどをきちんと伝えることで、企業の採用担当者へ自分を強くアピールします。

志望動機を書類に記載する際には、ありきたりな表現はなるべく避け、できるだけ自分の言葉で、入社への熱意を表すと、印象に残るものになるでしょう。

大勢の入社希望者の中から選ばれるためにも、ぜひその内容を熟考した上で、転職活動に臨んでください。